読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙

仕事帰り、お客様用の便箋を買いに行きました。風鈴や朝顔などの夏らしい柄や、きらびやかなもの、和紙の渋いものなど沢山の便箋が並んでいるのを見ていると、やっぱり手書きの手紙っていいなと思いました。

手書きでなくても相手に思いは伝わりますが、手書きの場合はその人の人柄や温かみがにじみ出ていて、それが書かれた紙が何かの切れ端であろうと裏紙であろうと、なんとなく捨てにくい、いとおしい感じがします。

私が一番大切にしている手紙は、高校1年の夏休みにアメリカへ留学していた際に届いた、母親の手紙です。初めての海外生活で言葉も不自由で孤独だった中、母の手紙に込められた励ましの気持ちと愛情にどれだけ支えられたことか。いつ読み返しても涙が出ます。

今は一瞬で相手にメールが送れる便利な世の中ですが、相手を思いながら便箋を選んだり、ペンで思いをつづったりするような豊かさも忘れないでいたいです。

 

 

 

広告を非表示にする